topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いです。 - 2011.03.13 Sun

時間が経つにつれて、被災者の方の撮影したリアルな映像などが
恐ろしく、本当に日本でこんなことがおこってるのか?それとも映画の中の話なのか?
映画以上の信じられない話だ

親戚のみんなはどうしただろうってずっと気になっていたんだけど

避難していたら電話しても繋がらないだろうし、
携帯に電話したところで充電がすくないかもしれないからと遠慮してたんだけど

やっぱり電話してみようって夜9時半ごろ電話してみた。

繋がった!

でも、出ない なんでだろう?切ろうかなって思ったら出た!

「○○ちゃん!私 大丈夫?今どこなの?」と聞いたら

実は原発の避難区域で家族みんなは避難してるんだけど、私とお父さんは
家にいるの。
「なんで?」
お父さんが透析をしていて、病院は断水だから家でやるしかないの。
家には2週間分の透析があるから

と言うので家は大丈夫なのか心配だったが
屋根は崩れたけど
大丈夫
でも、近所の家は潰れてるし
ちょっと先の6号線から先はもう流されて行けないし
どうしようもないよね。

って でも今は地震よりも放射能の方が怖い
明日薬が配られるからそれを飲むんだって。私の仕事場が原発のそばでそこから
4時間かけて帰って来たの。
だから放射能が怖いって言ってた

とにかく地震があった時は目の前で地割れがおき、すべてのものが落ちたり壊れたり
このまま死ぬかと思った。この世の終わりかと思った
前回の大地震とは比べ物にならない位大きくて本当に恐ろしかったと・・・

なんでこんなにすごい地震がきちゃったんだろうって言ってた

電気だけは通っていてテレビも見れるみたいで愕然としていた
続く余震もかなり強くてすごく不安だと言っていた。
何よりも、相馬の磯部のおじさんおばさんたちの安否が確認できてなく
避難所を歩きまわって探している息子くんをみんなが心配しているが連絡が取れないと

磯部にはたくさんの親戚がいて
私の母の実家がある。そうおばあちゃんが住んでいた思い出の家、思い出の場所が
今は流されてしまったと思うと信じられない。

おばあちゃんちは庭がちいさなりんご畑だった 私が小学生位にはもうリンゴ農家はやめてしまった
んだけど、トイレが外にあってそこの近くに細い水が流れていて
トイレからかっぱが出るって言われて怖くて入れなかった。今思うとありえないんだけどね。(笑)

お隣のお家にはイチジクの木があって小さい頃口の周りがかゆくなるほど
たくさんたべていた。

ちょっと歩くと日用品が置いてあるお店があって
そこには駄菓子が売っていて、いつもお店のおばちゃんが駄菓子の前でざぶとんに座って
いらっしゃいって言ってくれたな~
田舎に帰ると必ずその駄菓子屋さんでお買いものをしたな~

おばあちゃんがなくなってからは、あまり行かなくなったけど
お母さんのお兄さんが住んでて

大人になって旦那を紹介するのにつれて行った時に
福島なまりのおばさんがが旦那にはトトロにでてくるおばあちゃんにそっくりだ!って
びっくりしてたな~


おばあちゃんはよくイナゴを煮てて、私が妊娠した時におばさんが煮て送ってくれたっけね。

そのおばさんもすごくおもしろかったおじさんも今はもういない
でも、その息子夫婦が今は住んでて私のいとこになるんだけど、子供の方が私と歳が近い

ajuを妊娠した時に子供たちを連れて福島に行った時
まだトイレが外にあって子供たちは驚いてたな~

でも、去年かな・・・とうとうリフォームして綺麗になって
お母さんがすごいのよ~ お風呂もすごいのよ~ってとにかく自分ちが綺麗になったみたいに
喜んでたのに・・・

その家が津波に流されちゃった その一帯が全部

信じられない。今でも信じられない

物資とか送ってあげたいけど荷物が届く訳もなく(受け付けていないみたいだしね)
私はいったい何をしてあげればいいのか


でもいとこは「よかった親の前で不安な顔出来ないし、誰かと話したかった」と言われた
かけてみて良かった。
そしてajuが「○○ちゃん 元気?頑張ってね」と話すと
涙をこらえたいとこが「ありがとう」って言ってた
私は「今何も出来ないし、なんて言っていいか本当にわからないけど
いつでも電話してきて、くだらないことでもいいよ。誰かと話したいって思ったら
本当にいつでも電話してきてね」と言った
今私に出来るのはそれくらいだから

もう本当は泣きたかったでも私が泣いてどうする。電話の向こうで涙をこらえてるのにって思った
でも本当は泣いていいんだよって言ってあげればよかったのかな?
とか色々思ったけどなんかどうしていいかわからなかった


電話切った後、旦那に状況説明しているうちに涙が止まらなくなった

信じられなくて おじさんとおばさん そして連絡がつかない塩釜のおじさんの
安否がわかるまでは泣かないでおこう


実際に被災してるいとこと話した事でぐっとこの地震が身近に起きた事なんだと実感した

でも、明日から私はきっといつも通り生活をする

でもどうしようもない表現できない気持ちが私の中にある
落ち着いたら福島に行こう
春休みに行けるといいけど・・・どうなるかな?

長々と書いてしまいましたが
とにかく被災者の方に元気と笑顔が戻ってくるように願うばかりです。


 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiragumo.blog68.fc2.com/tb.php/725-16f89813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中止のお知らせ «  | BLOG TOP |  » 地震

FC2カウンター

moon


lunar phases
 

プロフィール

ange あんじぇ

Author:ange あんじぇ
海大好き!今までに三宅・神津に住んだ事もあります。
島最高!タダ食材が好物
アイドル大好き♪ミーハーな3児の母
父さん
長男 K 中2
次男 A 小6
三男 aju 年少

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SMAP

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

ジャニーズ最新情報

リンク

このブログをリンクに追加する

BlogPeople

BlogPeople

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。