topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道 4日目 - 2007.02.22 Thu

とうとう、最終日
今日は阿寒湖から新千歳空港まで移動なので、ほとんど移動日!
でも、今日は出発が10時だから阿寒湖で朝8時から遊べるもので遊ぶ事に!
もちろん、私は朝露天風呂に入って、みんなもちょっとゆっくりと起きて、食事をして阿寒湖へ

昨日は夜だからわからなかったけど、本当に湖なんだ~
って感じ
ホテルのロビーはガラス張りだから目の前が真っ白で素敵でした。

朝やりたかったのはわかさぎ釣りとバギー体験

わかさぎはちゃんと穴をあけてテントで釣るタイプと
ひっかけって言って湖のとこに作ったいけす?釣堀?みたいなので釣るタイプがありました。
テントの方は一日1500円
釣堀は30分500円くらいだったと思うんだけど、
時間があればテントの本格的なのにしたかったけど、時間がなかったので釣堀へ

餌とかは無く、はりのみなんだけど
これが、面白い!子供たちも大喜び! どんどん釣れる釣れる!
おじさんがビニール袋をくれたんだけど、釣ったのどうすればいいの???って思ったら、持って帰れるって言われても・・・

そしたら、ちかくのお店で300円でてんぷらにしてくれるって!
おおおお今日は移動日 バスのなかでいいおやつになるじゃん!ジャンジャン釣る事に!!!

結構沢山釣れました。子供たちはもっとやりた~いって言ってたけど時間がないからおしまい!
そして、バギー体験!
34.jpg小学生からOKで一周200円

動かし方は原付きみたいな感じで、自分でマシーンを動かすのが始めての子供たち
Aはすっごいスローに発進! ちょっと緊張してる
そしてしばらくしてK
俺はAを追い越すぞ!と言って発進!

途中でAを追い越すK
戻ってきたとき本当に楽しそうでした。もう一周したい!って
で、本当にスローに帰ってきたAは「楽しかった~」
って
旦那が「スピード出した方が面白いのに!」と言ったら
「だってすぐに終わっちゃうのがいやだったからゆっくりとやったの!」だって。

もう少しやらせてあげたかったけど、荷物の片付けとかがあったからもう引き上げる事に!
てんぷらはバスに乗る前に受け取った。これが本当に本当においしかった~ 最高でした。

そして、この後にこのツアー最大のすごい事が起きてしまうのです・・・(長文です)
 阿寒湖を後に十勝平野を見ながらバス移動
幸い、最終日は一番後ろの席(毎日席は変わっていました)になったので、子供たちもほとんど寝ていました。

そして、途中足寄(あしゃろ)と言うところに寄ったんだけど、ここがあの松山千春の出身地でいろんなところに「千春の家⇒」っていう看板があるの 笑える
そして、寄った足寄庵は千春の先輩が経営しているレストランがあるから写真やおみやげの袋までが千春なのだ。

ここはあの鈴木宗男(この字だっけ?)の出身地でもある

その後他のドライブインに寄ったりして
午後元気になった子供たちがふざけていた。

北海道でやっていたパチンコやかなんかのCMでリングの貞子のテーマ?「くる、きっとくる~」ってのをやってて怖かったよな~
とK
そしてAが怖い顔して「くる~ きっとくる~」とか言いながら私たちの方に寄ってきたその時!

キキキーーっと急ブレーキがかかった。
一瞬「何!?」って思ったらAが吹っ飛ばされていた。
丁度私たちに襲い掛かろうとしていたAは丁度後ろの真ん中の席で、前に椅子がなかったから・・・
それを見たKは笑っていた。私もバカめ・・・なんて思っていたんだけどそのすぐ後にバン!とすごい音と衝撃が
その瞬間車のなかの照明も消え、Aが「痛い~~~~~」と泣きな出した。
私は事故!?まさか事故?
とおもいつつAにこっちおいでと言ったら、口からすっごい流血していて、あまりにビックリして「キャー」と叫んでしまった。
旦那には「騒ぐなよ!」と怒られちゃったけど、本当にビックリしちゃって
見たときは(あ~歯が折れたか?)と思ったけど良くみたら唇がぱっかり切れていた。
どんどん血が出てくるから(縫ったりしちゃうのかな?とか色々考えちゃった)どうしようって思ってたけど、他はなんともないみたいでよかった。

そして添乗員さんが真っ赤な顔して「怪我された方いらっしゃいませんか?」と後ろにやってきて、ドライバーさんも来て「すみません非常口を開けますから」と
旦那は「どうしたんですか?」と聞くと
ななんと
対向車がスリップして突っ込んで来たそうだ。

どうなるんだろうって不安だった。
私は妊婦だったし、子供は怪我してるしでみなさんに大丈夫だった?と心配されて急ブレーキの時に前の椅子につかまっていたのでぶつかった時はひざを椅子にぶつけたくらいだった。

しかも、そこはトンネルの入口付近だったから
次から次へと車が後ろからやってくる。
怖いな~

すると、後ろに観光バスが止まっていた。
きっと同じツアーが3台出ていてその内の一台かなと思っていた。
でも、それがたまたま回送車で空のバスだった。
だから、みんなそのバスに乗って休憩所に連れて行ってもらった。
このバスがいなかったら寒空の中代替車が来るまで待たされたかもしれなかった。

その後けが人はバスガイドさん(頭強打)とAのみとわかって念のため二人は救急車で病院へ

救急車が来る頃には血が止まっていて腫れているだけだったけど念のため私も一緒に病院へ
35.jpgこんな感じでいかりや長介張りに腫れた。
(写真取るくらい余裕はあったのだ)

私たちは病院よりも帰れるのかの方が気になってたりした。
そして病院に行っている間 残された人たちの元においてきた荷物が届けられ、足りないものがあればあとで送るとの説明だったらしい

で、旦那から電話があっておみやげに何を買ったかわからないと・・
結局残ったものを引き取ったらしいが、いくつか我が家のじゃないものが入ってた。
後で確認したら
旦那にこれ違うよって言うと「なんかみんなよくわかってないみたいなんだよ・・・」と
そんなもんかね?

結局、バスが病院に迎えに来てくれて(回送車だった車がそのまま空港に連れて行ってくれる事に!)空港へ

ギリギリ帰りの飛行機に間に合いそうだった。
予定では空港で2時間くらい時間があったのだが・・・
空港について旅行会社からのお詫びの言葉とお菓子をもらい、お弁当買ってすぐに搭乗だった。

いや~本当に最後の最後にすっごいアクシデントでびっくりしたけど
最後でよかった気がする。
最初だったらテンションさがったよね・・・

そうそう旦那が・・・お前てんぷらどうした?と・・ 上の棚に置いたよけど・・・そう
我が家で足りなかったもの。それは
わかさぎのてんぷら
あまりに美味しくってドンドン食べちゃったんだけど、半分東京のじいちゃんとばあちゃんにも食べさせてあげようねって残しておいたものだった。

くっそ~ こんな事なら全部食っとけばよかったぜ!
とみんなで話した。

子供たちも事故を目の前で見たわけじゃなかったし、すっごい楽しい旅行だったから今では笑い話で
「くる~きっとくる~って歌ってたら本当に車が来ちゃったんだぜ!こえ~~~~ 鳥肌がたつ~」なんて言っている。

私も「あんな気持ち悪い歌歌ってるからだよ!もう我が家では禁止にします!」と・・・

しかも貞子 大島出身だし・・・怖すぎ
トンネルってのもちょっと恐怖だよね。 きゃ~~~~~~
もう絶対に歌いません。歌わせません。ごめんなさい。

なんか長文でちゃんと書けたかわかんないけど、こんな旅行でした。

あ、そうそう
病院で添乗員さんが事情聴取されてたときに、泣いてしまった添乗員さん「こんな事初めてで、目の前に車が来て・・・すみません」って
すると警察の人が「北海道の添乗員はこんな事付き物だからしっかりしなくっちゃね」と言っていた。

そうだよね。こっちが気をつけてても突っ込まれたらね。
改めて雪道の運転の怖さを知った。
正直こっちがブレーキで止まってなかったら死亡事故だったかもと言っていたくらい相手の車はぺっしゃんこ
助手席の人は重体だったみたい。運転手さんはすみませんでしたと病院で謝って来たけど、鎖骨骨折だったみたい。

それにしても・・・A半年の間に2回も交通事故って・・・ついてない?

ま、いろんな意味で思い出深い旅行になりました。

次は北海道でみつけたおもしろいおみやげ編&感想編へつづく


スポンサーサイト

● COMMENT ●

旅って!

angeさん、いっきに読ませていただきました。
面白いと言ったら不謹慎?そのくらい当時の状況を再現している素晴らしい文章だから。でも、大したことにならず不幸中の幸いでした。これで済めば旅の思い出がひとつ増えたと今だから言えますね。赤ちゃん、おなかの中でよかったねと手をたたいていたかも。きっと、丈夫で幸運な赤ちゃんの誕生ですね。ご家族の素敵な旅に乾杯!

いやいや、びっくりでしたね。A君は痛い思いをしたでしょうけど、
軽い怪我でよかったですね。運転手さんが気をつけてても
向こうから突っ込まれたんじゃしょうがないですよね。
この前札幌に行った時も道路が凍ってて、赤信号なのに
車道を走り抜けていく若者がたまに見ましたけど、あれじゃあ、
いくら雪に慣れてるとはいえ、事故起こしますよね。

そういえば、うちの弟は子どものころに2・3回自転車に引かれたことありますよ。
まさにうつぶせに倒れて自転車が体の上を行きました。こういう
人ってのも珍しいですよね!

やぶ椿さん、和さんへ

v-276やぶ椿さんへ
 本当に、今だから笑い話ですよ・・・
この事故を扱ってる保険会社のおじさんが扱ってる、もう一件のバス事故で下半身不随になってしまった方がいたそうです。
だから、本当にこの程度で済んでよかったです。

 行く前に丁度お払いしてもらったからかも!
本当に、後は子供たちが進級し、私が赤ちゃんを産むというイベントが近々やってきます。それまで頑張って妊婦生活頑張ります!

v-276和さんへ
 本当に、事故って言うのはこっちが気をつけてても相手が来たらどうしようもないときがありますからね・・・
 いや~ 絶対に自分では雪道運転できないと思いました。

 それにしても、弟さんもハハハ体験ですね。
Aは小さい頃から傷が絶えない奴でね・・・これからもきっと・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiragumo.blog68.fc2.com/tb.php/158-a5dcf869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

カメリアマラソン «  | BLOG TOP |  » 北海道 三日目 Part2

FC2カウンター

moon


lunar phases
 

プロフィール

ange あんじぇ

Author:ange あんじぇ
海大好き!今までに三宅・神津に住んだ事もあります。
島最高!タダ食材が好物
アイドル大好き♪ミーハーな3児の母
父さん
長男 K 中2
次男 A 小6
三男 aju 年少

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SMAP

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

ジャニーズ最新情報

リンク

このブログをリンクに追加する

BlogPeople

BlogPeople

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。